草取りのポイント

      1.草の構造
・草には色々な種類があるが、通常多く見られる草は、基本的には地中に成長する根と地上に成長する茎から成っています。

      主根・側根ひげ根

・根は主根と側根又はひげ根で形成されており、土にしっかり絡まっています。(球根は除く)
・茎は、地中の根から地表に伸びて根より柔らかいので、引っ張ると茎の部分から切れ易いです。
・茎から切れると、残った根から直ぐに芽が成長するので、頻繁に草取りしなければなりません。
・従って、草を抜くときは茎ではなく根を掴んで、根こそぎ取りましょう。

      2.草抜きの基本
・前述のように、根を残すと、また生えてくるので、根こそぎ取ることが大切です。
・楽な作業で根こそぎ取るには「楽草取―る」が最適です。
・土が乾燥して硬い時は、根は土にしっかり絡まっているので抜きにくい状態です。
・雨で土が水分を適度に含むと、根が緩みやすくなるので抜くチャンスです。
・それでも、根が切れ易いとき、多くの草はゆっくり抜けば根こそぎ抜けます。
・含有水分が少ない粘土質の土では、根に付いてくる土の量が多いことがあります。
・大きく成長した草の根を抜くのは困難なので、小さいうちに取るようにしましょう。
・花壇では、花の根を傷めないように、土を掘り起こさずに抜きましょう。
・「楽草取―る」なら、花の根を傷めずに根こそぎ除草できます。

      3.広範囲に生えた草の取り方
・雑草が密集して生えてしまったら、除草剤をまくのもひとつの手です。
・花などの植え込みのない場所に限定して、注意して散布します。
・庭の広さ位であれば、除草剤(溶液)を濃い目に希釈してハンドスプレーで葉に散布します。(ジョウロで撒くより経済的です)
・散布後2日晴天なら、数日で枯れるので、天気予報を確認して散布しましょう。
・一度枯れた後、新しい草が散発的に生えてきたら、「楽草取―る」の出番です。

      4.「楽草取―る」で高度のテクニック
・ひげ根の草は、根元を掴んで大きく捻ってからテコの力で引き上げると、土の連れ上げが少なくなります。
・ひげ根の草を抜くもう一つの方法は、テコを少し利かして根の絡みが緩んだら、傾けを止めて地面に押し付けたままずらすと土の連れ上げが少なくなります。
・主根が長くて切れやすい草は、テコを利かしてゆっくり傾けると、長く抜けてきます。
・タンポポのように直根の柔らかい草は、根の周りにシャベルを刺し込んで根の周りの土をほぐしてから(掘り起こさないで柔かくするだけ)引き上げると切れずに抜けます。
スポンサーサイト

新しいタイプの草取り具が出現

従来の雑草を根こそぎ取るツールは、草の周りの土も一緒に掘り起こすタイプだけでした。
クラウドファンディング「Makuake]でサポーターを募集する新しいツールが出ました。
「手を汚さずに根こそぎ取れる草取りの達人ラクサトール」

3月3日よりインターネット公開!
ここを「Makuake」クリックしてください。

引出して ピっ!  ロールティッシュボックス

     ロールティッシュボックスをお探しの方に
     片手で使えるボックスができました

現在、多くのロールティッシュボックスが市販されています。
引出したら、出口の紙を抑えて引きちぎって使います。
ねじれて出てくるものもあります。
しわくしゃで使いにくいと言う不満を、良く耳にします。
平らに伸ばしてから使う場合は、面倒くさく感じるようです。

そこで、トイレットペーパーホルダーに似た形で使って、作ってみました。
でも、切った後は紙端が隠れていて、取出しがうまくできません。

次に、特許出願されていた構造を見つけたので、作ってみました。
ペーパーが斜めに切れて使いにくいこと・・・・。


そんなわけで、このたび新しい発想で、今までにない機構を考え、片手できれいに切れるボックスを作りました。
片手できれいに切れるロールティッシュボックス
出口にある紙端は見栄え良く、取り出されるのを待っています。
外観は格調高いウルシックで、部屋に置くと豪華な雰囲気になります。
ボックスティッシュの、およそ半分のスペースに収まります。


それでは、ペーパーを引き出して切り取ってみましょう。
引出して ピッ  片手でOK
このボックスは、ペーパーがねじれないで平らに出てきます。
欲しい長さだけ引出したら、ピっと引っ張ります。
しわにならずにきれいに切れます。
ゆっくり下に引いても、きれいに切れます。


            詳しくはこちらから



テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

片手でたたんで片手で切れる 木製のペーパーホルダー

片手でたたんで 片手で切れるペーパーホルダー。
ペーパーの切り口がすぐつまみ出せる楽々取り出し。
天然木の温もりでトイレをイメージアップ。


こんな素晴らしいトイレットペーパーホルダーが販売されました。
商品名は「ハートフルパートナー」です。
優しくサポートしてくれるネ-ミングです。
高齢者の方でもすべてを片手だけで操作できるのが魅力です。

切り口がすぐつかめる 

従来販売されている全自動のトイレットペーパーホルダーは電源や広いスペースを必要とし、価格も高価です。
しかも、折りたたみ枚数は限られ、折りたたみ長さは自由に変えられません。
「ハートフルパートナー」は紙質や使う人の好みに合わせて枚数も長さも自由にできます。
「ハートフルパートナー」は高齢者や障害者の自立支援の応援もします。


使う人の好みで、折りたたみ方法を変えられます。折りたたんだらその手で横方向へ引き下げるときれいに切取れます。
   【縦に折りたたむ】
縦取出しTrSS 

   【横に折りたたむ】
横取出しTrSS 

 高齢化社会対応が重要課題となってきています。「ハートフルパートナー」はネーミングの通り、高齢者や障害者の自立支援に優しい機器として無くてはならない存在となってきました。

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

考えました-今までの芽取り・ヘタ取りとは全く違います!!

皆さん、じゃがいもの芽は何を使って取っていますか?
じゃがいもの芽取りだけができても、感動しませんよね。
そこで、いろいろな果物や野菜のヘタや芽が楽々・安全に取れる「万能ヘタ取り器」を作ってみました。

万能ヘタ取り器
手にフィットする一体成型で、汚れの溜まるところがないので、洗浄が簡単です。

取れるものは、沢山あります。
イチゴのヘタ
じゃがいもの芽
トマトのヘタと芯
ピーマンのヘタ
玉ねぎの芯
キウイのヘタ

その他にも取れるものは沢山あります。
---------------------------------
ヘタ取り作業
ヘタの上からつかんでひねると、素早く取れます。

---------------------------------
トマトのヘタとすぐ下の硬い芯を同時に取る
トマトのヘタ取り
刃先の幅をヘタの大きさに合わせて、回しながら刺し込みます。
ヘタと硬い芯だけがとれてムダがでません。

----------------------------------
じゃがいもの芽を取る
じゃがいもの芽取り
小さい芽は、刃先を刺し込んでパチンと挟んで取ります。
大きい芽は、トマトと同じ要領で取ります。

---------------------------------
ピーマンのヘタ取り
トマトと同じ要領で取ります。
---------------------------------
キウイの芯取り
包丁では切れない硬い芯だけ取れて、果肉をムダにしません。
---------------------------------
パイナップルの芽取り
芽が少し残る程度に皮をむきます。
残った芽を取れば、果肉をムダにしません。

---------------------------------
まだまだ取れるものは沢山あります。
                       詳しくは
こちら→



テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

プロフィール

エイチエス

Author:エイチエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード